プチ・シニアの明るいひきこもり生活

ニューヨークの Gramercy Park Hotel

      2015/08/25

SPONSORED LINK

Gramercy Park 03

 「グラマシー・パーク Gramercy Park」 というニューヨーク唯一の私公園( Private Park )がある。「私」いっても、個人のものではなく(たぶん)、その付近の住民のための公園なのだ。

 公園は、金網で覆われていて、扉には鍵が掛かっている。その付近はわりと高級住宅街なので、そんな人達の息休めの場になっているんだろうと思う。思う、っていうのは、実際自分が入った時も含めて、あまり人の姿を見なかったからだ。なんてもったいない。

 今「入った」ってさり気なく書いたけれど、そこの住民でもない自分がなぜ入れたのか‥。もちろん、違法に入ったわけではない、決して。

SPONSORED LINK



 実は、近くにある Gramercy Park Hotel に泊まると、その公園に入る権利があるのだ。実際は、ホテルのポーターに行きたい旨を告げると、一緒についてきて鍵を開けてくれる。鍵を貸してくれるわけではない。

 本当に小じんまりした公園で、セントラル・パークとかワシントン・スクエアみたいに人がたくさんいないので、賑やかなニューヨークでも静かな時間を過ごすことが出来る。

 実は、911テロの半年後に行ったんだけが、航空券も安かったし、ホテルも空き空きだった。記憶には無いけれど、このホテルと公園のことをどこかで聞いて、ここに泊まろうと思って行ったのだ。結構お高いホテル(私にとっては)だけど、当時は割安価格だったと思う(だから泊まれた?)。

 一度だけこのホテルのレストランでディナーを食べたんだけれど、他にお客が誰もいなくて、貸し切り状態だった。なんかの映画でそういうシーンを見たことあるけれど、ロマンチックでカミさんは大満足だった。

 最近、Law & Order というニューヨークを舞台にしたドラマを見ていたら、この公園で殺人が起こるというシーンがあって、ちょっと懐かしかった。まぁ、死体のシーンなので、ちょっと懐かしいはおかしいかもしれないけど、確かにあの公園らしきものが映った。
 刑事も「へっ、プライベート・パークだってよ」なんて、ちょっと皮肉っぽいセリフを言っていた。


SPONSORED LINK

 - 消えそうな旅の断片 ,

Message

  関連記事