プチ・シニアの明るいひきこもり生活

飼っていないとわからない犬の真実5 「遠吠え」

      2015/08/31

DSCF1331
 犬は遠吠えする。当たり前のような気がするけど、どうなのか?。

 うちの犬はする。いつするかというと、緊急車両が通る時だ。どんなに爆睡していても、サイレンの音が聞こえると、スッと立ち上がり遠吠えの体勢をとる。

 そして、遠吠えする。

 うちは割と近くに消防署があるので、しょっちゅう救急車のサイレンが聞こえてくる。ほぼ、毎日聞こえてくる。救急車がこんなに頻繁に出動しているなんて、ここに住むまでは知らなかった。

 その度に、我家の犬は遠吠えする。

SPONSORED LINK



 彼女は、立ち上がってサッシや網戸に手をついて、遠吠えする。遠吠えは徐々に激しくなり、最終的には声は枯れ、喘ぎ声(?)のようになる。

 うるさい。近所迷惑だ。

 しかし、

 どうも、近所の他の犬は遠吠えしていないようなのだ。我家の犬の遠吠えに反応して、普通に吠える声は聞こえてくるのだけれど、彼女のように遠吠えはしていないようなのだ。

 調べてみた。

 やはり、全部の犬が遠吠するわけではないらしい。「犬としての野生が強くある犬ほど遠吠えする」などという説明をあった。うちの犬は野性が強いのだろうか?絶対、野に放たれたら生きていけないんじゃないかと思うくらい臆病者なのに・・・。

 我家の犬は「内弁慶」なので、外にでるとからっきし弱っちくなってしまうのだけど、この遠吠えに関しても当てはまる。外に出ている時、救急車両のサイレンが聞こえてくると、やはり「遠吠え」をするのだけれど、周りを気にするかのように圧倒的に声が小さくなる。非常に弱々しい、情けない遠吠えになってしまう。とても、野性が強いとは思えない。



ただ、私は近所迷惑だけど(特に深夜は)、この「遠吠え」をわりとウエルカムしている。だって、見ていると、おもしろいし、可愛いから。



SPONSORED LINK

 - ラブ・マイ・ドッグ

Message

  関連記事