プチ・シニアの明るいひきこもり生活

カラオケで英語っぽく歌うポイント

DSC_0148

 英語っぽく歌うポイントを2つ。



1 「子音を子音だけで発音する」


 これはかなり重要。、日本語は、必ず母音がくっつく(学問的な説明ではないけど)ので、その癖で母音をつけてしまうと、一気に日本語っぽくなっちゃう、あるいは、英語っぽくなくなっちゃう。

 例えば、” it “ 。これは、「イット」とカタカナでは書くけど、「ト」は「トゥッ」です。「ト」に「オ」が含まれないようにする。どっちかって言うと、ごまかしになりますが「イッ」の方が近い感じ。

 この母音をちゃんと省けるだけで、かなり英語っぽくなる。

SPONSORED LINK




2 常にリズムを意識


 英語はリズム。「フル・スロットル」というカタカナは、日本語的には「フ・ル・ス・ロッ・ト・ル」と6音節あるけど、英語的には2音節(もしかしたら、3音節「フル・スロッ・トル」?)です。日本語の5・7・5のように発音してはダメ。

英語の教授法?にチャントというのがある(たぶん)。手を叩いてリズムを取りながら、英語を発音するという方法、たぶん。
たとえば、「パン・パン・パン・パン」と手を叩いてリズムをとりながら、

 This – is – a – pen. とか
 How – did you – meet your – girlfriend?

 上の例は問題無いと思いますが(実際は、 a は「エイ」と発音するかな)、下の例では、1拍で did you とか meet your とか girlfriend とか発音するので。「ガールフレンド」は1拍です、「ガ・ー・ル・フ・レ・ン・ド」ではないということ。

 チャントをやらなくても、英語の歌で同じことが出来る。リズムの1拍1拍の区切りを意識して、その1拍に場合によっては数語入ることを意識するってこと。

とりあえず、この2つに注意しよう。

 実践曲はこちら。

「からおけでチョッピリ英語っぽく歌おう 曲リスト」




SPONSORED LINK

公開日:
最終更新日:2016/10/06