プチ・シニアの明るいひきこもり生活

人生を考えながら、エフェクターを自作する

      2015/11/16

IMG_0101-1
前回、エフェクターを作ってみて、うまく完成し、しかも、けっこう、気に入ってしまったので、調子に乗ってもうひとつ作ることにした。

「調子に乗る」という表現は、たいていネガティブな意味で使われるけれど、個人的には、「調子に乗る」ことも人生では必要なんじゃないかと思う。たぶんだけど。

 そんな訳で、エフェクター2台め。何にしようか・・・。

SPONSORED LINK



 いろいろ調べて、「オート・ワウ」に決めた。理由は単純。「ワウ」サウンドは大好きなのに、ペダル操作が本当に下手くそだからだ。

 以前、「オート・ワウは邪道だろ」って思っていた時期があったんだけど、ある人がライブできっちり使いこなしていて、そんなことはないんだなって思い直した。それ以来、ずっと「オート・ワウ」が欲しいと思っていたのだけれど、なかなか手が伸びなかった。つい、オーバー・ドライブ系に行っちゃって。

 友人( or 師匠)によれば、「ワウ」のようなフィルター系はややこしいよ、とのことだけど、とりあえず欲しいものを優先。

 人生では、そういうことはよくある。難易度よりも欲望を優先。結果的に玉砕することが多いけれど(経験的に言って)。まぁ、可能性を考えて難易度を落とすと、やり遂げた時の完動も薄れるからね。

 で、やはりキット。まだ、部品を別々に集めてとか、ケースに穴を開けてとかは無理。

 で、「K&R」というところの「Q – トリッパー」というのに決定。サイトも、初心者向けの記事が乗っていたりして親切そう。

http://kandr.biz

 注文するとすぐに届いた。ここは後払いなんだね。10日以内に振り込めばいいらしい。

 今回は部品も全部揃っているし、丁寧な説明書も付いている。友人(or 師匠)の言うとおり、部品が多い。基盤につける部品だけで50位ある。前回はたった9個だった。

 つまり、完成しても動かない可能性が単純計算で5倍に増えるってことだ。

 でも、不思議と「きっとできちゃう」感が自分の中にはある。根拠はないけど。

 で、早速、製作開始。まず、抵抗をささっと付けて、ハンダ付け。ダイオードとかコンデンサーとか、極性のあるものは気をつけながら、ハンダ付け・・・。

 おっと、一つダイオードの極性を間違えてつけちゃったぜ。一旦間違えてつけたのを外すのって、意外とめんどくさい。教訓。なんか、そういうことは人生でもあった気がする。

 部品は多いけれど、それほど時間もかからず、基盤に関しては終了。2回めって、すごくあっさりできるので人間てすごいと思う、何事でも。

 前回とはちがって、入力ジャックやフットスイッチ等ケースに取り付けてから、配線する。説明書にそうある。

 できれば、上手な人のように綺麗に線を配置したかったけど、足りなくなるのを怖がるためにどうしても長めになるから、結局からみ合ってみっともなくなる。「恐怖」や「不安」が人の行いをみっともなくしてしまう、という典型である。

 さて、あと、ケースに組み込むだけとなった。このキットにはちゃんと「絶縁シート」まで入っている。えらい。

 さて、シールドを繋いでスイッチ・オン。

LED点灯!

 前回はここで躓いた。うれしい。

しかし、音は出ない。やっぱ、出ないかぁ。わりと冷静である。

 ここで、一日置く。だいたい、こういうのは根を詰めないほうがいい。はやる気持ちは抑えたほうがベターである、経験的に。

 色々なサイトにも、こういう時は「時間を置くとよい」と書いてある。その時見えなかったものも見えてくる可能性もある。

1日たった。

 基盤を見てみる。やっぱ、ハンダ付けが甘い。基盤が小さいから、他の端子に触れないように、なるべく小さくおさめようとしたのがいけなかったようだ。正直言って、今の自分にはそれ以外の理由だったら、手も足も出ない。諦めるしかない。

 怪しいところを半田付けやり直す。

これでどうだ?!

出たー。

俺ってすごい。

 まぁ、普通つくれるんだろうけど、とりあえず嬉しい。スキーで言えば、「ボーゲン」が出来たくらいのことかもしれないが、「できた」というのは、人生の中で最も楽しいことだと思う。だから、「レベル」のこととか言っちゃいけない。「ふん、キットかよ」ってバカにしちゃいけない。そういう言い方をしてると、人生の難易度が上がるだけで、楽しみは減るよ。

さて、調子に乗った、私はすでに次の計画を立てている・・・。

Q-トリッパーについて。


 これ、結構難しいです。「DEPTH」、「SENSE」「MIX」っていうツマミがあるんだけど、なんだかその3つがからみ合って効果が決まるみたいで、なかなか自分好みの設定がきまらなくて困った。
あと、周波数的に低音にふってある感じ。ベースでも使えるみたいに書いてあるし。ただ、ちゃんと「改造しよう」っていう説明に対処する方法が書いてあるので、落ち着いたらやってみたい。

 カッテイングは超楽しい。単音フレーズについては、ペダル・ワウ使ったほうがいいかな、って思う。


SPONSORED LINK

 - プチ・シニアの明るいひきこもり生活日記 ,

Message

  関連記事