プチ・シニアの明るいひきこもり生活

バイク、いや、モーターサイクルを買った

   

IMG_0069
ここ一月くらいバイク(正確にはモーターサイクルだけど)が欲しくて、欲しくて、他のことが考えられいほど欲しくなったので、ギターやらアンプやらを売って、ついに買ってしまった。納車まではまだ時間があるけれど、この待つ時間ていうのが一番楽しいのかもしれないと思いながら、いや、そういう常套句は大抵嘘、乗ってこそでしょ、早くこいよぉ。まぁ、届くまでは読書したり、映画見たり、バイクのことは忘れて過ごそうと思っているけど。

と、ここまで読んで、「おっ、ついにハーレーか?」とか思った人もいるかもしれないけれど、いや、全然違いますっ。原付です。それも、20年くらい前に生産中止になった原付ですよ。

「なんだ、原付かよ」っていう声が聞こえてきそうだけど、私はそういう人たちを「ふふん」と笑ってあしらう準備ができている、っていうか、まぁ、ほとんど人に会わないから実際にはその機会はないだろうけど。

SPONSORED LINK



私がバイクに乗りたい理由は、もう、1つしかない。「イージー・ライダー」だ。他にない。というと、「あれはでかいバイクじゃん(なんていうバイクか知らない)」という反論が聞こえてきそうだけど(また?)、それは違う。「イージー・ライダー」のバイクは、自由の象徴なんですよ、だから「、バイクという実体が大事なんじゃなくて、バイクに乗るってことが自由の象徴なんですよ」、って私は答える。だから、ナナハンだろうが、1300CCだろうが、原付だろうが関係ないんだよ。カブでもいいんだよ。


しかも、はっきり言ってノスタルジーですから、いや、「イージー・ライダー」っていう映画へのノスタルジーじゃなくて、若い頃「自由」を求めて悶々としていた自分へのノスタルジーですから。

しかし、あれだよね、世間で見かけるハーレー乗りのオヤジって、車体をピカピカにして、いかにもっていう革ジャンで、っていうあまりのステレオ・タイプぶりなんで、私なんかは、あれこそ「自由の放棄」だなって思って、恥ずかしくなっちゃうけどなぁ。まぁ、個人の趣味に云々するのは野暮だから、あまり言いたくないけど、私のバイクのイメージとは180度違うんだなぁ、って思う。

それと、デカい車やデカいバイクに乗りたがる人って、絶対に自分をでかく見せたいんだと思う。経験的に、そういう人が多かったもの。
逆に、コンプレックスをみんなに晒しているようで、なんか恥ずかしくないのかなと心配になったりする。これも余計なお世話か。

そんなわけで、私はお金がないおかげで、ボクスターやZ4じゃなくて軽のオープンカーに堂々と乗り、原付のバイクに堂々と乗るわけ。

ところで、私はバイクの免許は持っていないので、普通免許に付帯している原付免許しかないわけだかど、本当はちょっと二輪免許取ろうかなとも思った。ただ、金もかかるし(無職だから、これは大きい)、あと、人に教わるのが元来嫌いだから、そして、特にひどい人格の人間に教わるのは嫌いだから、この歳になって教わるのはたぶん無理だなと思って諦めた。

今は少子化で違うのかもしれないけれど、いやぁ、昔の教習所の教官たちは、それは酷かった、習えば誰でもできる車の運転をあーも威張って教えられるっていうのが信じられなかった。早く免許取りたいから下手に出てるのに、なんか自分が偉いって勘違いしてるんだもの。まぁ、今はそうはいかないみたいだけど。

そういえば、最近資源ごみを捨てに言ったら、妙に威張っている人がいて、なんか管理しているのと偉いを菅被害してる人でちょっとイラっとした。さっきのバイクの話じゃないけど、こーいうのは普段威張れないストレスの表出でしかないよね。

それと、じゃ、なんで若い頃、「イージー・ライダー」を見た頃バイクの免許を取らなかったかというと、バイクに乗ってる不良たちがあまりかっこよくなかったから、あんまり一緒にされたくないなぁっていうのがあった。いや、私はかっこいい不良は大好きなんですけどね、でも、勉強ができなくて先生に相手にされないからとかでなる不良はあんまりカッコよい感じはしなかった。個人的には、かっこいい不良は、お金持ちで、しかもかなりの知性がないとなれないって思っている。さらに言えば、海の近くでね、って、実は矢作俊彦が大好きなんで、そういう感じがある。矢作俊彦を読んだことない人は、「巨人の星」の星飛雄馬に出会った頃の、中学生なのに車乗ってた、あの花形満のイメージですね。

さて、話が長くなったけれど、じゃ、なんていうバイクを買ったのか?

それは、内緒。

 でも、よくあるカウルが付いて体を低くして乗るバイクでは決してないです。あーいうのは、車で言えばミニバンと同じでくれてもいらない種類のものなんですです、私にとっては。そもそも、スピードなんて出すつもりないですから。

あ、今思い出したけど、私はできればノーヘルで乗りたいです。タイのサムイ島でバイク借りた時、ノーヘルで、バイクでバーまで行き帰りするってすごい楽しかったですから。

 そりゃ、事故の時困るのはわかるけど、あーいうは、私は、個人の裁量だと思ってるんですよね、まぁ、シートベルトとかもそうだけど、なんか現代は個人の裁量まで規制が堂々としゃしゃり出てくるのは、ちょっといただけないんですよね。

(つい買っちゃったんです、これ。トップの写真のミニチュアバイクが付いてきます!)



SPONSORED LINK

 - プチ・シニアの明るいひきこもり生活日記

Message

  関連記事