プチ・シニアの明るいひきこもり生活

消費税があがった

      2015/08/25

Taxes

 今日から消費税が上がる。8%というと大きい感じがするが、今回上がるの3%だし、消費税が上がるのも今回で3回め(0→3%も含めて)だし、どうでもいいやぁ、とまでは行かなくてもそれほど盛り上がり(?)もせず、今日を迎えることになった。つまり、買いだめとかも一切しなかった。

SPONSORED LINK



 買いだめの意味というのも、実際に幾らかのお金をセーブするというより、実際のところ「消費税が上がった感」を先延ばしにする効果の方が大きいんじゃないだろうか、って思う。

 買いだめたものが終わる頃には、「まぁ、しゃーねーか」ってあきらめ感も生まれ、世間もとっく消費税が上がったことことに慣れてしまっていて、すんなり「消費税8%の世界」に身を置けるようになるっていう感じだ。

 「買いだめ禁止」なんて措置がもしあったとしたら、国民全員が今日一斉に「消費税が上がった感」を共有することになって、もっと怒りが集中、増幅されたんじゃないかなって思うのだが。

 それは、ともかく、私も一介の家計を預かる主夫であるので、消費税が上がるのは正直痛い、が、痛がっても、消費税が減るわけではないので、対策をねる。

 まず、思いつくのは「節約」であるが、節約は「美徳」的な顔をしているが、どうもケチと手を組んでいるような気がして、心まで狭くしてしまうのではないかという危機感が強いので、あまりしたくない。

 次に、「無駄を省く」であるが、個人的には「無駄』と「贅沢」はほぼ同義語であると思っている。しかも、私のような庶民の手の届く「贅沢」、つまり金をかけなくてもすむ「贅沢」は無駄をすることくらいなので、これを省いてしまうと、やはり心を狭くしてしまう感が出てくる。ので、却下。

 消費税ごときで、心を狭くしたくはないので、ここは素直にタバコを減らそう。
完全にやめられればいいのだが、世の非常に「全体主義的な嫌煙ムード」には逆らっていたいので、減らすことがベストではないかと思っている。

 計算すると、半分に減らすと、月6000円浮く。6000円とは200000円の3%に当たる、毎月の家計的には楽勝な額である。いいんじゃないか。

 というようなことを考えてみた。



SPONSORED LINK

 - プチ・シニアの明るいひきこもり生活日記

Message

  関連記事