プチ・シニアの明るいひきこもり生活

アラン・ドロンを振る女の存在に驚いた映画「冒険者たち」

      2016/01/31

SPONSORED LINK




 中学生の頃見た、と思っていたのだが、今回見始めたらほとんど覚えていない。ほんとに見たのか自信がなくなってきたのだけど、ラストシーンはなんか見たことがあるような気がした。ただ、こういう名画とされているものは、いいシーンだけをテレビ番組などで紹介されることもあるので、そういうので見た可能性もある。ま、どっちでもいいんけど。

SPONSORED LINK



 見直すまで、私が持っていた情報は、男2人女1人という黄金の組み合わせによる物語だということと、アラン・ドロンとジョアンナ・シムカスが出ているっていうことだけだった(リノ・バンチュラについては失念)。アラン・ドロンは当然としても、ジョアンナ・シムカスなんて名前なんで覚えているんだろう、これしか知らないのに。若いころの記憶ってすごい。

 男2人女1人というのは、「明日に向かって撃て」もそうだったし、元になったのはトリフォーの「突然炎のごとく」だったかしらん・・・。
 いずれにしろ、素敵な組み合わせで、まるで友情と恋愛とが秤の両側で微妙なバランスをとっていて、観客は心の何処かでハラハラすることになる。この映画もそうだけど、秤が恋愛に触れ始めた時にストーリーが動き始める。

 最初のほうで、レティシア(ジョアンナ・シムカス)が、ダンスに誘われた男性にこう訪ねてシーンがある。「凱旋門を飛行機でくぐろうなんて思う?」、「自動車産業を一新しようとおもうなんて思う?」男の答えは、「馬鹿げてる」だけど、彼女がそういう「馬鹿げてる」夢にとりつかれている男たちに惹かれていることに気づくわけだ。

 恥ずかしい話だけど、私は「馬鹿げた」夢を抱いている話に弱い。「フィッツカラルド」という映画では、アマゾンの奥地にオペラ・ハウスを建てようとする男の話だった。私は一発で参ってしまった。

 財宝を探しているシーンの3人はどうしようもなく楽しそうで、キラキラ輝いているのに、いざ見つけてしまった後の映画の展開は、一気に暗く悲しい物になる。こう言ってしまうと身も蓋もないけれど、夢って過程が一番おもしろくて、叶ってしまうと案外つまらないものだよ、って言ってるような気さえする。まぁ、自分は夢がかなったことはないので実感はないんだけど。

 ラストシーンのセリフは、初めて見たらちょっと陳腐に感じちゃうかもしれない。この亜流がその後いっぱいあったから。ビートルズの音楽を聞いてあまりピンとこない若い人は、その後のあまりにも多くの引用がなされたためにあまり新鮮に感じないってケースが多い気がするのだけど、それと同じかもしれない。

 アラン・ドロンって、実はあまり好きではない。あまりにもいい男すぎるから!なんか綺麗に決まりすぎてるから。ただ、この映画の、ボートで財宝を探すシーンは無精髭を生やして、ワイルドでとてもかっこいい。こういう彼は好きだな。

 最後に、実は気になったことがあって、それはBGMなのだ。ストリングスをバックにピアノの単音でメロディが奏でられるんだけど、これがどうも昔の日本映画でよく使われてたパターンで(これもパクリ?)、どうもあまり好きになれなかった。日本人が出てきたり、日本映画のポスターが張ってあったりと、もしかして日本映画のBGMを引用したのかもしれないけど・・・。

 あ、あと、レティシアっていい名前だなぁ、今度ペット買うときにはレティシアって名付けよう。

冒険者たち [DVD]


SPONSORED LINK

 - 遅れてきた映画鑑賞

Message

  関連記事