プチ・シニアの明るいひきこもり生活

「キャリー」スティーブン・キング原作ではこれがいちばん好きだな・・・、

      2016/01/31

SPONSORED LINK

 いや、やっぱ「シャイニング」かな。

Margaret:Carrie, you haven’t touched your apple cake.
Carrie: It gives me pimples, Mama.
Margaret: Pimples are the Lord’s way of chastising you.

マーガレット(母)「キャリー、アップル・ケーキは食べないの?」
キャリー「ニキビができるのよ。」
マーガレット「ニキビは神の罰なのよ」


SPONSORED LINK






 年末にスティーブン・キング原作の映画を立て続けにやっていた。NHKなどは、「ショーシャンクの空に」「スタンド・バイ・ミー」「グリーンマイル」とどちらかと言うとホラーと言うよりヒューマン感動作といった方が相応しい人気作を連続で放送していた。

 もちろん、そういう作品も好きなんだけど、それより気になって見直してみたのが「キャリー Carrie 」。これも純粋にホラーとは言えないかもしれないけれど、私の持つスティーブン・キングのイメージには一番近い。

 見なおしてみて、これは傑作。

 監督は、ブライアン・デ・パルマ。以前「ボディ・ダブル」について書いているのだけれど、なぜか、来訪者の少ないこのブログではわりと(たぶん一番)読まれている映画レビューだったりする。リバイバル・ブームでもあるんだろうか・・・。

  それはともかく、個人的には「キャリー」の方が好きだな。

 デ・パルマと言えば、ヒッチコックへのオマージュだけど、この作品は少なめ(気づいてないだけかもしれない)。

それと、やはりちょっとエロティックな要素が入っているのも彼の特徴。

 いきなり女子高生のシャワー室のシーンから始まる。サービス満点。カメラもまるで舐めるようにキャリーの裸体を写すのだけれど、まるでその手の映画を見ているかのような気分にさせる、

 そこで、血が流れる。

 そして、あの効果音。あの「サイコ」のシャワーシーンのものが使われているやつ。余りにもあからさまオマージュ。この効果音は、その後も多用される。

 いや、冒頭のつかみは最高だなぁ。電球が割れることで、その後の彼女の能力をすごく印象的に紹介している。

 基本的に、いじめられていた子の復讐譚だけど、そこに母親との葛藤も描かれている。ある意味、この映画で一番怖いのはキャリーのお母さんじゃないかと思う。私は宗教的なことに疎いので、宗教観をベースにした「恐怖」には鈍感なだけど、それでもあのお母さんの行動は怖い。

 もちろん、豚の血にまみれたキャリーの姿もすごい。キャリーのシシー・スペイセク(Sissy Spacek) がうますぎる、というか、キャスティングがハマりすぎている。

 ラストシーン。「ギョッ」ってすべきなのかもしれないけど、私はちょっと笑ってしまった。いや、たぶん、デ・パルマもギャグの要素として入れているんじゃないかな、って思う。

 ふと、いじめ防止のために学校とかでこの映画を流すのはどうだろう?って思ったりした。

おまけ:ジョン・トラボルタのデビュー作らしい。まだ、可愛い感じ。

 注:なんか、リメイクされているようだけど、ここで取り上げているのは、1976年のやつです。

キャリー [Blu-ray]



SPONSORED LINK

 - 遅れてきた映画鑑賞 , ,

 

Comment

 コメントはこちらが承認するまで表示されません。
  1. ブリ より:

    リメイク版はクロエちゃんあまりにも可愛すぎて「こんなん、キャリーじゃないやい!」と思ってしまいますた。たしかに演技達者なんだけどオリジナルを超えない作品でしたな。クロエちゃんとジュリアン・ムーアに頼りすぎw。
    オリジナルはデ・パルマとキングの相性良いこと!あまりに好きすぎたので原作購入(どうやらスーの告白形式ですた)。やはりデ・パルマは流石だ。あと忘れてはならないのが音楽ですね。純真無垢なキャリーにピッタリ。プロムのシーンに低音が流れただけで「なにかが起こる!」演出もいいですよねー。

    • hotbeard より:

      リメイク版は見てないんですが、キャリーが可愛いっていうのはちょっと首を捻っちゃいますね。。音楽については聞き流していました。反省。今度見る機会があったら、注意して聞きたいと思います。

Message

  関連記事