プチ・シニアの明るいひきこもり生活

「 消えそうな旅の断片 」 一覧

John は「ヨハネ」じゃないとダメなの?「ジョン」じゃ?

SPONSORED LINK  「マリア」という映画を見ていたら、「バルタザール」という学者が出てきた。むむ。  昔、2002年頃、ニューヨークで友達から「半年前から予約しないといけない」という超人気レストランの予約がと …

ワールド・トレード・センター World Trade Center

 ワールド・トレード・センター跡地に記念博物館がオープンしたというニュースを見た。あれから13年も経つ。 13年ということは、今高校生の子たちはほとんど記憶がないということになる。

やっぱり電車が好き

 私は基本的に電車が好きである。  だから、外国に行っても電車にのる。観光はしないけど、電車にはのる。

旅はいつも冒険

   以前の記事で書いた、定年を前にしてバックパック旅行に魅入られたしまった人の話をもうひとつ。

Da Nang の最後の夜(後編)

   自慢ではないのだが、自分は「アニバーサリー意識」に非常に乏しくて、誕生日だとか結婚記念日とか毎年ほとんど過ぎ去ってから思い出すタイプで、当然誕生日を祝うなんてことはこの何十年も経験していなかったのだが、この時はなぜ …

奇跡

 奇跡について記してみたい。  先日、とあるバーで飲んでいた時に、隣に座ったアメリカ人の男性と二言三言会話した。出身地を尋ねるとか、そんなスモールトークだ。特に気になる人物でもなかったので(お互い様だろうが)、その後は会 …

変わりたいプチ・シニアに勧めたい、ぬるめなバックパッカー1

 人生で感謝されたことが少ない人間なのだが、ある人に「人生が変わった」とまで言われて感謝されていることがある。タイのサムイ島という島に連れて行ったことに対してだ。  彼はそのせいで今では機会さえあれば外国に出かけるし、英 …

兼高かおる 世界の旅

 かつて『兼高かおる 世界の旅』という番組があった。ずっと忘れていたけれど、偶然 CS放送でやっているのを目にした。(当時のスポンサーがパン・アメリカン航空というのが泣かせる)。

空港を間違えた話

 間抜けな話。  初めてニューヨークに行った時、Northwest 航空で行った。ニューヨークだけで良かったのだが、アメリカ国内線が1往復無料で付くというので、迷った末にニュー・オーリンズに行くことにした。1周間ニューヨ …

インド映画体験2

 デリーで映画をみた。2000年のこと。  カルカッタで初めて見てから5年立っていた。その間に、インド映画が日本でも公開されるようになり、雑誌やテレビでも取り上げれるようになった。