プチ・シニアの明るいひきこもり生活

オヤジもチーズケーキを作れるという驚愕の事実

      2016/11/05

SPONSORED LINK

DSCF2028

最初に一言。オヤジがケーキとかお菓子を作ると「意外性」で受けますよ!

私のように料理、というかお菓子つくりの初心者としては「チーズケーキ」は敷居が高い。

難しいというのではない、手間がかかりすぎるというのでもない。ズバリ、材料費が高すぎるのだ。直径18㎝大のチーズケーキを作るのに、生クリームとクリームチーズというなかなか値段の張るものを用意しなければならない。

SPONSORED LINK



生クリームとクリムチーズの値段を知った時から私は作るのを諦めた。まぁ、簡単に言うと、ケチったわけだけれど、直径18㎝大のフルのチーズケーキを作ったところで食べきれない。せいぜい、一切れか二切れで十分。

だから手がを出さなかった。

ところが先日、コストコのやつだかなんだか知らないけれど、1.25キロもあるアメリカ直輸入のクリームチーズを人から頂いた。

でかすぎ、というか、多すぎ。

家族二人のうちじゃ、こんなもの使い切れないよ。

早速、クリームチーズを使ったレシピをいろいろ見てみるけれど、あまりピンとくるものがない。難しそうだったり、手間がかかりすぎだったり。

やっぱ、チーズケーキ。

というわけで、例によってクックパッドで人気のこのレシピで作ってみることにした。生クリームも高いけど、そこは我慢(ちなみに、植物性のは一度使って今ひとつだったで私は使わない。)

簡単★しっとり濃厚チーズケーキ


材料のところに「クリームチーズ250グラム」と書いてある。げっ、これ作っても、まだ1キロ残るのかよ、恐るべしアメリカ社会。

話はずれるけれど、私も随分クックパッドを利用させてもらっているけど、実際作ってみると、基本的に味が濃い、甘い、って思うことが多い。世間の人って、こんな味が濃いものが好きなのか・・・。

いや、本当に砂糖の使用量は半端じゃないですよ。

私は、自分で料理したり、お菓子を作ったりするまで、こんなに砂糖が入ってるなんて思いもしなかった。まぁ、特にお菓子だけど。このレシピで言うと、砂糖80グラムですよ。80グラムってお皿にのせて見てみるとちょっとした山になりますよ。あれみると、糖尿病の人が多いのはわかる気がする。

私は甘党じゃないけど、心配になる。

また、話は飛ぶけど、私は癌家系だし、タバコも吸ってきたし、まぁ、最終的には癌になるだろうってはいるけれど、糖尿病にはなりたくないなぁ。あの、週に3回とか透析したりするのは私には耐えられない気がするから。

で、今回は砂糖は60グラムにした。本当はもっと減らしたいけど、あまり大胆に減らすと違う味になってしまうので元も子もない。まぁ、60グラムでも相当多いけどね。

で、実は3回作った。

1回目は、砂糖は70グラムにした。結果的に、これが一番美味しかったけど、ザラザラした舌触りで失敗。初めてクリームチーズを使ったから、日本で売られているものもそうなのかわからないけど、作ってる時から「ツブツブはこれでいいのかな?」と疑問には気になった。ただ、オーブンで焼けば、消えるのかな、って思ってそのまま焼いたけど、結局そのまま残ってしまった。

多分、混ぜるのが足らないんだなと、2回目は相当時間をかけて混ぜた。出来上がったものは、実はちょうど友人が来たのでそのまま差し上げた(⌒-⌒; )。いや、仲がいい友人なので「実験作で悪いんだけど、不味かったら捨てて。一応、正直な感想聞かせて。」とお願いして渡した。「味は悪くないけど、滑らかじゃない」という、ある程度予想通りの反応をもらった。まだ、ブツブツ感は残っているのか・・・。

3回目。ついに、めんどくさいけど、ちゃんと濾すことにした。液体じゃないから、ヘラを使って結構時間をかけて濾した。

これでどうだ。

出来上がったのが写真チーズケーキである。

見た目はいい感じ。ところが、味が・・・。やっぱ、砂糖は60グラムだと少ないようだ。友人は、多分気を使ったんだと思う。

人にあげられるものでもないので、自分で全て食べた。太る、きっと。ただ、ロールケーキはすぐカビが生えたけど、チーズケーキはもう少しっていうことがわかった。

そんなわけで、結論。家族の人気取りのために、「俺も作ってみようか?」と思うオヤジのためにまとめておきたいと思う。

・案外簡単。ロールケーキより簡単。
・材料費はお高め。
・生地は必ず濾す。


まだ、クリームチーズ残ってるけど、もう作るのいやだなぁ、・・・・。食べるのも、しばらくはいい・・・。


SPONSORED LINK

 - プチ・シニアの明るいひきこもり生活日記

 

Comment

 コメントはこちらが承認するまで表示されません。
  1. mimi より:

    コストコは、カスコなんてアメリカで、言いますよね。コストコの食べもののビックサイズに驚きます。手作りのチーズケーキは難しいように思いますが、料理べたな自分もトライしたいです。色んなことに挑戦されていますね。色合いが、本格的ですね。砂糖控え目は、HOME MADEしかできません。ナイスです。


    またまたまたお邪魔してしまいすみません。

    • hotbeard より:

      mimi さん、またまたコメントありがとうございます。少なくとも一人は定期的な(言い過ぎか知らん・・)読者がいると思えて、嬉しいです。

      数年前までは、「絶対料理なんてしない無骨なやつ」って思われていたので、意外性からか「おいしい」との言葉を受けることが多いですが、半分(以上)はお世辞かなと思ってます。

      私なんかは、着色料とかガンガン使われてた時代に幼年時代を過ごした人間なので全然気にしないんですけど、自分で作ると「余計なもの」が入る余地が減るのでいいかもしれないですね。

      コストコのスペルは知らなかったんですけど、調べたら、あの “t” は発音しないか、しても聞こえないですね、多分。だから、きっと「カスコ」って聞こえますね。あ、これ、前から書こうと思ったことのネタになりました。

      ぜひ、「またまたお邪魔」してください。

  2. mimi より:

    余談ですが、昔アメリカで「カスコ」の会員でした。ですので最初、コストコってわかりませんでした。こう書くと、英語が出来そうですが、遠い日のことで、しっかりと忘れてしまいました。映画も音楽も楽しみな話題が、こちらには、ありますので、期待しています。

    • hotbeard より:

      そうですか、アメリカに住んでいたことがあるんですね。謙遜されていますが、私なんかよりずっと英語できると思います、
      私が英語に関して書いている書いている記事の中には苦笑するようなものもあるとは思いますが、温かい目で見ていただければと思います(こっそり、教えて欲しいですけど・・・)。

      私は、ニューヨークのイーストサイドの古い Studio に1ヶ月だけサブレットで滞在したことがあります、というか、それだけです。
      でも、もう、たぶんアメリカはいかないかなぁ、と思っています。あんまり年取ってから行くところでもない気がするし、指紋をたられたくもないので!?

  3. mimi より:

    911以来、アメリカの入国は厳しくなりましたね。ニューヨークですか。なかなかですね。通り過ぎたくらいで、ボストンには少し行きました。私も以前は、アメリカ永住のつもりでしたが、今はもう若くないので、そんな財力も気力もなくなりました(笑)ただ、アメリカは、懐かしくもあり苦い思い出もつまっているところでもあります。なんて、、、。ね。

    • hotbeard より:

      今では「アメリカは酷い国だなぁ」って思いますけど、若い頃は確かに憧れの国でした。ニューヨークのヴィレッヂ界隈はその象徴的な場所なので、けじめみたいな意味で短期滞在してみました。

      他に書きましたけど、愛犬が死んだら、そして、私がまだ生きてたら、アジアの寂れたビーチで(物価安いとこで)のんびり暮らしたいというのが今の希望ですけどね。まぁ、今ものんびり過ごしてはいるんですが・・・。

Message

  関連記事