プチ・シニアの明るいひきこもり生活

英語で「職場恋愛はやめろ」を粋な言い方で言うと!?

      2016/05/05

SPONSORED LINK

cafe-768771_640
「コペンハーゲン 首相の決断」というドラマを見ていたら、こんな表現が出てきた。

“Don’t shit where you eat”

 吹き替えで見ているとわからない人もいるかもしれないけれど、これはデンマーク語(?)のドラマだ。もちろん私には全然意味はわからないので字幕で理解している。なぜわからない言葉で見ているかというと、会話のリズムとか抑揚とかもドラマには大切なんじゃないかな、となんとなく思っているからだ。

 それはともかく、ただ、そんなデンマーク語(だよね?)の会話の中に、時々英語のセリフがでてくる。デンマーク人同士の会話にふと出てくる英語だから、デンマーク人でも殆どの人が知っている決まり文句なんだろうと、推測できる。日本人だって、よく”Take Five” とか言うもんね・・、言わないか・・。

 で、このセリフのは、直訳すれば「食事をするところでは用をたすな」、もっと正確に言うと、「大きい方はするな。」となる。まぁ、当たり前。

でも、

SPONSORED LINK



 実際はスラングで「職場恋愛するな。」と言う意味らしい。かなり強力な表現なんじゃないだろうか。ぜひ日本でも流行らせたい。職場恋愛している人がいたら、

「ほら、めし食う場所じゃクソするなっていうじゃないか!」

どうだろう?ぜひ、みんな使っていただきたい。

 ところで、この表現を初めて聞いたのは、大好きなドラマ”Big Bang Theory” だった。レストラン(「チーズ・ファクトリー」)で食事している時に、このセリフが出てくる。シェルダンはずっとそのままの意味(直訳どおり)だと思っていて、レストランでは大きい方を我慢していた、っていうオチになっていた。

 このてのスラングって、現地に住んでいないと、実際にどの程度使われているのかわからないので、ネイティヴ相手に使いたくても、ちょっと躊躇してしまう。

 ただ、最初に書いたように、デンマーク産の「コペンハーゲン」というお硬い政治ドラマ(実際は家族ドラマにかなりの比重を置いている気がするけど)で使われるってことは、かなりよく知られているスラングに違いないと思い、機会があったら(あるか?)ネイティヴ相手に使ってみたいなぁと思う。




Big Bang Theory: The Complete Eighth Season [DVD] [Import]


SPONSORED LINK

 - だらだらTVドラマ鑑賞 ,

Message

  関連記事