プチ・シニアの明るいひきこもり生活

ドラマの主題歌は短くお願いします。

   

SPONSORED LINK

microphone-367579_640
 以前、「主夫の義務だろ、NHKの朝ドラ」っていう記事を書いた。残念ながら、その後見るのをやめてしまった。理由はいろいろあるけれど、一つには主題歌がウザい、いや、長いというのがあった。

 好みの歌ではないという理由もあるけれど、たとえ好きな歌でも(”Straberry Fields Foever” とか”Like a Rolling Stone”とか)毎日聞かされると嫌になってくる(たぶん)。「聞かされる」というのもポイントで、私は聞きたい時に聞きたい。無理やり聞かされたくはない。

SPONSORED LINK


 私が見ている頃、朝ドラの主題歌はだいたい1分20秒あった。だから、たいてい録画して数分遅れで見始めた。30秒送りのボタンを3回押し、10秒戻りのボタンを1回押す。で、ちょうど、本編が始まる具合だった。

 NHKだから、民放のようにタイアップとかはあまり関係ないのかなと思ったけど、きっと紅白に出場してもらうとかいろいろ、大人な事情はあるんだろうと思う。

 で、最近海外ドラマばっかり見ているのだけれど、ふと気づいたら主題歌はほんとに短い。長くて40秒位。大抵は30秒ない。10秒位のものもある(「メンタリスト」とか)。1回30秒送りのボタンを押すと、行き過ぎてしまう。「まあ、短いからいいか」とそのままにしておくことが多い。

 結果的に、海外ドラマのほうが主題歌を何回も聞いていることになる。

 もうひとつ。

 海外ドラマの主題歌はたいていインストゥルメンタルだ。歌はない。だから、押し付けがましさはぐっと減る。
 
 例外的に、”Big Bang Theory” は歌があるけれど、あれはある意味、歌も楽器の一つっぽい。CSI は、The Who の曲”Who Are You”を利用しているけれど、タイアップっていうより内容的なものだろうと思う、つまり「犯人は誰だ?」みたいな。

 そういえば、朝ドラを見ていた頃、大人気だった「あまちゃん」、あの主題歌はインストゥルメンタルだった。あれは結構飛ばさずに聞いていた気がするなぁ。


SPONSORED LINK

 - だらだらTVドラマ鑑賞

Message

  関連記事