プチ・シニアの明るいひきこもり生活

素人がGibson GA-5 reissue を改造してみた

      2016/08/11

SPONSORED LINK

 エフェクターを2台作ったところで、次に考えたのは「アンプ」だ。

フェンダーのチャンプ ( Champ ) を作るというのが初心者向けとあり、情報もある。キットもあるようだ。

とはいえ、まだそこまでの自信はないので、とりあえず手持ちのアンプを改造( modify )することにした。

私は現在3台真空管アンプを持っている。Gibson GA-5 ReissueOrange Tiny TerrorDr.Z Carmen Ghia だ(後ろの2つはヘッド)。このラインアップから予想のつく方もいると思うけど、もうほとんど Carmen Ghia しか使わない。幸い、GA-5 も Tiny Terror もルックスはとても素敵なので、ほとんど部屋のインテリアとして機能してた。

で、まず(?)GA-5 。

DSCF1444-1

SPONSORED LINK



このGA-5は、「引越祝い」!に友人がプレゼントしてくれたものだ。5Wって真空管アンプをちゃんと使ったことのない人は知らないかもしれないけれど(自分もそうだった、そう言えば初めての真空管アンプ)、はっきり言って「爆音」。普通の家ではボリュームをフルにするのはほとんど無理。

自分としては、クラプトンがチャンプで録ったという「レイラ」みたいな音がするのかしらん、って思っていたけど、あんなに歪むまで音出せないって。それに、一瞬フルにして出してみたけど、なんかあまりいい感じの音には聞こえなかった。低音が飽和しちゃう感じ。

クリーンは? まぁ、いい感じがするけど、どこまでいいのかはわからない。

いや、この当時ははっきり言って、耳バカでしたからね(今変わらないんだけど)、まぁ、なんとなくいい感じ、って結論づけてた。

そんな時、海外のある掲示板でこの GA-5 に “Trinity mods” というのを施すのが流行っているのを見つけた。「トリニティ」である、あの「マトリックス」の・・・、いや、違うな、「三位一体」ってことか・・・。

改造のやり方が書いてあるのは、ここ

 なんか、当時アメリカでは299ドル(安い!)で出回ったらしく、やたら盛り上がっていた。見てみると分かるけど、このスレッドだけで67ページ!もある。で、その中に “Trinity mods” というのが出てきたのだ。

“trinity circuit mods” (total cost, about 25 cents)
1. lift/snip(and remove – optional) the 25uf cathode bypass cap
2. jumper (and remove – optional) the high pass 22pf cap/1m resistor coming off the vol pot
3. add a 47k NFB (negative feedback) resistor from the yellow wire on the RCA jack to pin 8 of the preamp tube socket


たった25セントしかかからないというのが売りで(?)もあった。

ただ、当時は真空管アンプを触るなんて、到底怖くて出来ないことなので、実際にやるところまではいかなかった。


月日は流れた。


エフェクターを2台作った私は、やっとこのこの”trinity circuit mods” に着手する準備ができたと思った。

というか、実際にやってみたら、あまりにも簡単で拍子抜け。こらぁ、真空管アンプの感電の怖さを除けば、だれでもできるじゃん。30分でできる。

一応、日本語も載せておきます。ほとんどお金もかからないし、いつでも簡単に元に戻せるので GA-5 をお持ちの方は、試してみるといいかもしれない。
決まり文句ですが、自己責任で。真空管アンプなので、感電するとヤバいらしいです。コンデンサーに電力が溜まっていて、電源切ってあってもヤバいらしいです。

1 カソード・バイパス・キャパシターを切るか、浮かせるかする。
2 ボリュームから来ているハイパスの22pf キャパシターと1M抵抗をとるか、ジャンパーする(余った線などで直結する)。
3 47Kの抵抗(NFB、負帰還)を、RCAジャックの黄色い線と、プリアンプ・ソケットの8番ピンでつなぐ。

以前は、写真があって分かりやすかったんだけど、今は見れなくなっているので、以前見た記憶と回路図とかで見当をつける。

DSCF1420-1
ほんと、あっと言う間に終了。

で、音はどうか?



内緒です (^^ゞ 

いや、音を語れるほどの自信がないので。GA-5を持ってる人は、簡単だから、やって自分で確かめる方が手っ取り早いです、ヘボなギタリストの言葉を聞くより。

実は、3のNFBについては結局外しました。なんか、自分的にはこもった感じになったので。

もう、改造する前の音をよく覚えてないので、どれだけ違うのかわからないけど、しばらくしたら、元に戻して比べたいと思っている。

 念のためですが、やる場合は自己責任で。私がやったのももしかしたら間違っているかもしれませんので(違っていたら教えて下さい)

補足1:”Trinity Mods” 以外にも8オームの外部スピーカー端子も付けてみた。これも、メーカーの方で線が用意してあってただつなぐだけ(穴あけは大変なので人に頼んだ)。12インチで鳴らしてみたけど、はっきり言っていまひとつ。GA-5はあの8インチのスピーカーとキャビが合ってるんだと思う。

補足2:GA-5 の兄弟機種に “Epiphone Valve Junior” ってあって、こちらはポイント・トゥ・ポイントじゃなくて、基盤らしいけど、海外の掲示板ではものすごくいっぱい Modify 情報がある。安いからいじりやすいのかな。基本的には同じ回路らしいので、知識ある人はたぶん流用 or 応用できるのかな、って思う。自分は無理。残念。


SPONSORED LINK

 - ヘボなミュージシャンの学習帳

Message

  関連記事