プチ・シニアの明るいひきこもり生活

ヒッチコックを描いた映画よりヒッチコックが撮った映画の方が面白いという当たり前の事実

   

SPONSORED LINK



 少し前に「ヒッチコック」という映画を見た。「サイコ」撮影時期のヒッチコックの姿を描いた映画なんだけど、これが全然面白くない。アンソニー・ホプキンスとかヘレン・ミレンとか実力派俳優が出てるんだから、もうちょっと面白いかと期待したんだけど。

 例の“Master of Suspense”(サスペンスの巨匠)という彼への賛辞がオチで使われているんだけど、あまりにも安っぽくてちょっと驚いた。

 タイトルにも書いたけど、この映画見るんだったらヒッチコック作品を見直した方がよっぽどいいよ。

 って、ことで、これまでまだヒッチコックを見たことのない人のために、「サイコ」を除いたオススメ作をあげたいと思う。

初心者にオススメのヒッチコック映画


「サイコ」を除く理由?だって、ユニバーサル・スタジオに行く前に見るでしょ?(大阪のユニバーサル・スタジオにもありますよね?)

裏窓




ズバリ、これは「のぞき」の映画だ。ヒッチコックは、少しモラルから外れることを取り上げるけれど、これは真骨頂。
 ちなみに向かいのビルの各部屋は、いろいろな人生が描かれていると思うと、単にサスペンスじゃない深みもある。
 そして、とにかく、グレース・ケリーが綺麗。綺麗すぎる。部屋のライトを一つ一つつけてい行くシーンは、史上最高に美しく愛情を表現したシーンだと思う(上のビデオ)。
 しかも(?)、主人公のジェームズ・スチュアートは、そんな彼女の求愛が迷惑そうななんだから許せない。これも、映画の与えてくれる夢の一つか・・。

北北西に進路を取れ




「裏窓」がシチュエーション的に一つの部屋から見える範囲に行動範囲が限られているのとは逆に、こちらは「活劇」というに相応しいシーンのてんこ盛り。インディアナ・ジョーンズのシリーズの原型はここにあるんじゃないかと思ったりする。とにかく単純に楽しめる。

めまい




 私はこれ好きなんですよ。一番かもしれない。ブロンド好きのヒッチコックだけど、ここではブルネットのキム・ノバクがヒロイン。最高に魅力的。全体的に暗い雰囲気で、逆にヒッチコックの作品の中でも一番セクシーな感じがする。「裏窓」が覗きなら、この「めまい」はストーカーもの。ストーリーもすごく良い。関係ないけど、英語の“Vertigo” ってかっこいい言葉だなぁ(U2の曲にもあるよね)。

 以前書いたんだけど、ブライアン・デ・パルマ監督の「ボディ・ダブル」っていう映画は、主にこの「めまい」をパクってる、モチーフにしてますね。(「裏窓」も)

 「ボディダブル」のについて書いた記事

ダイヤルMを廻せ!




これも、妻の愛人が良い人側で描かれていて夫が犯人と、ヒッチコックらしくちょっとモラル的には変。当時3Dが流行っていたのでそれ用に撮ったらしいのだけれど、私は見たことがない。確かに、その効果を狙ったシーンがある。でも、2Dで見ても面白いし、グレース・ケリーはやっぱりきれい。これは元が舞台劇だったようで、映画としての動きは少ないのが弱点かも。
あと、個人的にはこの刑事が「コロンボ」誕生のヒントになっている気がする。犯人のレイ・ミランドがコロンボに何度か登場しているしね。




見終わって、なんで襲ってきたかわからないところが一番怖い。怖がらせ方が、品が良くて、効果的というヒッチコックの真骨頂がよくわかる。この品が良くて、ってとこ大事ですよね。安易な怖がらせ方は誰でもできるんですよ。

知りすぎていた男


the man who knew too much

これはもう名曲「け・セラ・セラ」が主役。他の作品より評価は低いかもしれないけど、私は好きだなぁ。


おまけ:「映画術」




 ある程度ヒッチコック作品を見てからじゃないと楽しめないけど、もう面白くてしょうがない映画本。厚くて、高いけど、大満足。トリフォーがインタヴュアー役となって、ヒッチコックにこれでもかっていうくらい語らせてます。






SPONSORED LINK

 - 遅れてきた映画鑑賞 ,

Message

  関連記事