プチ・シニアの明るいひきこもり生活

「パン屋襲撃」と「納屋を焼く」をくっつけて「パンを焼く」

      2015/08/25

SPONSORED LINK

IMG

 主夫になって、すごく欲しくなったものがあった。

 ホーム・ベーカリーだ。

 すごく迷った。本当にうまくやけるのかな?とか、かさばるから邪魔じゃないか?とか。でも、誘惑に負けて買ってしまった。といっても、5000円位なので大騒ぎすることでもないんだけど。
 買ったのは、siroca の一番安いやつだと思う。

SPONSORED LINK



 届いてすぐに焼いてみた。
 パンの焼けるいい匂いが部屋に充満する。ちょっと周り(耳)が硬くなるけれど、まぁ、ちゃんとパンが焼きあがった。

 いいじゃん。久しぶりにいいものを買った。満足した。特にパンの焼ける匂いはよい。タイマーをかけておくと、朝起きて部屋を開けた瞬間に幸せな気分になれる。これだけでも買ってよかった。

 何回も焼いた。最初のうちは付属しているレシピで焼いたが、ネットで良さそうなレシピを探して、ベストなパンを焼こうと試行錯誤した。

 そのうち失敗するようになった。あまり膨らまないことが何度か続いた。

 最初は、理由がわからなかったのだが、それは気温のせいだと気がついた。考えてみれば、センサーみたいなものもついてなく、ただ単に時間で制御しているだけみたいなので、気温の変化に対応しきれていないのだ。たぶん。そう思った。

 それで、焼く回数が減ってしまって、いよいよ邪魔者になり始めた頃、ホームセンターでパン型を売っているのを見て、これで焼きたいと思った。ベーカリーより、形の良いパンがやけそうな気がした。ベーカリーには、こねるのと一次発酵までお願いして、二次発酵は人力で様子をみながら時間調整すればいいんじゃないか、って思いついた。

 これは、いい作戦だった。

 しかし、またも問題が起こった。焼きあがった後、型にパンがくっついて、取り出すと周りがぼろぼろになってしまうのだ。せっかく見た目が良くなると期待していたのに。

 ネットで調べたら、「空焼き」が必要だと、書いてあった。なるほど。そういえば、型の説明にも、空焚きしろって書いてあった気がする。しかし、ただの空焼きじゃだめらしい。結局、ショートニングを塗ってやってみた。

 そして、実際に焼くときにも、ショートニングを塗って焼いてみた。すると、

すとんと落ちた。

おーっ

感激した。

 ホームベーカリーを買ってから半年が経っていた。いまでは、ホームベーカリーは生地を作るだけになってしまった。Bake しない、ベーカリーになってしまった。

 が、これを書いた後、久しぶりにホーム・ベーカリーに任せて焼いてみたのだが、結構いい感じで焼けた。季節的にいいのと、終了時間を10分ほど早めたのが良かったんだと思う。よく5分早くって書いてあるのをネットで見かけるけれど、大胆に10分位短く終了した方がいい気がする。トップの焼き具合で確認しながら、というのがいいと思うけど。

siroca 米粉/ごはんパン・餅対応 2斤ホームベーカリー SHB-212
siroca 毎日おいしい贅沢食パンミックス 4斤用(1斤分×4袋入) SHB-MIX1000


SPONSORED LINK

 - プチ・シニアの明るいひきこもり生活日記

Message

  関連記事