プチ・シニアの明るいひきこもり生活

I’ll Cry Instead

      2015/08/30

SPONSORED LINK

鑑賞


 短い曲で、まぁ凡曲かなぁ、と正直思うけど、ジョンの歌詞が内省的で深みだ出てきている感じがするので、本人が「このアルバム一番のお気に入り」って言っているのも、分からないでもない。

 忙しくなって自分のしたいことが満足にできなくなったっていう当時のジョンの心境が吐露されている。
「僕が泣く」という弱い自分と、「世界中の女の子のハートを引き裂いちゃう」っていう脅迫的な自分と同居してるのは、面白いし、ジョンらしいのかもしれない。

SPONSORED LINK



 面白いといえば、

I’ve got a chip on my shoulder that’s bigger than my feet.

“ A chip on one’s shoulder” は、「苛立ってる」っていう慣用表現らしいけれど、直訳すれば「肩にチップがのっている。」ジョンは後ろに「(のせてるチップが)オレの足よりでかい」って付け加えて面白い表現に変えてる。変な歌詞は後期になるとガンガンでて来るけど、これが最初なのかもしれない。



だいたいこんな内容


もう頭にくることばっかりさ
できるなら、仕事を放り出してこもっちゃいたいけど
それも無理だから、泣くんだ

人とあって話もできないし、
逆に人を傷つけたくもなったりするよ
でも、それも無理だから、泣くんだ。

もういっそ雲隠れしちゃうかも
でも、いつかは帰ってくる

そしたら気をつけたほうがいい
世のすべての女の子のハートを引き裂いちゃうから

でも、そうできるまで、僕は泣くんだ

英語の勉強

If I could get my way, I’d get myself locked up today.
「好きにやっていいなら、今日は部屋に閉じこもっちゃう」

“Get my way” は、「好きにやる、わがままを通す」の意味。
“Get myself locked up” は、「鍵をかけて自分を閉じ込めちゃう」
ちなみに、”get myself locked out” だと、よくある、ホテルなどでキーを置いたままドアがしまって入れなくなっちゃった、ってやつ。




SPONSORED LINK

 - いまさらビートルズ ,

Message

  関連記事