プチ・シニアの明るいひきこもり生活

プリンスが死んだ

      2016/04/24

SPONSORED LINK

プリンス/サイン・オブ・ザ・タイムズ HDニューマスター版 [Blu-ray]

 プリンスが死んだ。現時点では死因ははっきりしていない。インフルエンザのような症状(Flu-like symptom) と言われているけれど・・・。ミネソタの自宅スタジオのエレベーターの中で倒れていたらしい。

 CNNをつけたら、Breaking News としてぶっ続けでこのニュースを取り上げている。大統領予備選ネタもぶっ飛んでいる。アメリカでは、ここまでのビッグ・ニュースなのかと驚いた。

“Music Legend Prince died at 57” というのが、ニュースのタイトルだ。

SPONSORED LINK



 昔のラリー・キングのプリンスへのインタビューも流された。プリンス自身が、自分の音楽は”spiritual” だと言っていた。

 正直言って、一時期熱狂したとはいえ、最近ではほとんど気に留めなくなっていた。友人が最新のアルバムを買った、といった時にも、特に何も感じなかった。

 私が熱狂的に聞いていたのは、”Around the World in a Day” “Parade””Sign of the Times” あたり。東京ドームと横浜スタジアムにも行った。

 “Purple Rain” も良いアルバムだとは思うのだけれど、タイトル曲が大げさすぎるのと、あまりにも映画がひどすぎたので、好きと言いづらいところがある。

 でも、その後アルバムは買うけれど、それほど熱心には聞かなくなってしまった。

 当時、プリンス派かマイケル・ジャクソン派か、などという無意味な派閥意識があったけれど、私は圧倒的にプリンス派だった。不良っぽいし、反体制っぽい、というのが一番単純な理由だった。

 当時のプリンスは超わがままで、来日中の数々の奇行が雑誌に乗ったりした。私はそういう点も好きだった。天才なんだからそれくらいじゃないと、いうのが当時の私の考え方だった(いや、今でもだけど。)

 ただ、CNNのニュースの中で、最近は匿名でチャリティ的な行動も多々行っていた、と言っていた。そう言えば、一時期からすごくいい人になったというような話を聞いたこともある。

 正直言って、ショックで涙が止まらないとか、そういう感じではない。チープな例えだけれど、昔付き合った彼女が亡くなったことをふと風の噂に聞いた時の気持ちに近いかもしれない。デヴィッド・ボウイの時もそうだった。ルー・リードの時もそうだった。

 とにかく、これから何日か、iTunesに入っていながら、ほとんど聞いていなかったプリンスのアルバムを聞くことになるだろう。

 合掌。



 最後に、私が「オタクってすげぇ」って初めて実感したのはプリンスだった。ファースト・アルバムは27の楽器を一人で演奏し、プロヂュースまでした。これって、オタクにしか出来ないと私は思う。









SPONSORED LINK

 - プチ・シニアの明るいひきこもり生活日記

 

Comment

 コメントはこちらが承認するまで表示されません。
  1. マドンナ より:

    通りすがりのプリンスファンです。
    私もプリンスが来日した1986年の横浜スタジアムや、その次のヌードツアーなど合計3回ほど行きました。
    当時付き合っていた彼が熱狂的プリンスファンだったのも手伝い、デビューアルバムから1999、パープルレイン、アラウンド、パレード、それ以降も追っていました。
    バットマン以降はついつけなくて(笑)それと同時期にその彼とも別れました。

    プリンスは、私の青春でした。
    彼との思い出とアルバムが一緒につまったような感じです。

    とにかくプリンスと同じように成長していった感があります。

    プリンスの思い出を語ることもいまは全く無い中で、素敵なブログを見つけ、しばし青春に戻った感じがしました。

    ありがとうございます(≧∇≦)

    • hotbeard より:

       こちらこそ、コメントありがとうございます。

       彼氏が「熱狂的なプリンスファン」だとなかなか付き合うのも大変かも、って余計なことを思ってしまいました。私は男友達と行ったのですが(田舎なので周りにプリンス・ファンは少なかったので、って言い訳することもないんですけど)、それから少しして会わなくなったのでもう随分になります。

      そう言えば、CNNの女性アンカーも「プリンスは私の青春だった」って言っていました。個人的にはマイケル・ジャクソンのファンが「マイケルが青春だった」って言うのとちょっと違うと思うんですよね、(角が立つのではっきりは書きませんが・・・)。

      本文で書き忘れたんですが、少し前に「プリンスが成功させたビジネス・モデル」って言うようなドキュメンタリーをやっていて、大手のレコード会社との契約がなくなったので日本への情報は少なくなってはいたけれど、向こうではインディペンデント(?)でかなりライブや音源配信で頑張っていたようです。

      それから、先日友人(プリンスの大ファン)に誘われてカラオケに行ったのですが、追悼で歌うぞって意気込んでも、難しくて歌えないんですよね、彼は無理して歌ってましたけど、私は諦めました。代わりにデヴィッド・ボウイを歌いました。

Message

  関連記事