プチ・シニアの明るいひきこもり生活

Not a Second Time

      2015/08/30

SPONSORED LINK

鑑賞


 これは、今回聞き直していい曲だなって再評価した一曲。

 コード進行も凝ってるし、間奏のピアノもメロディなぞって単音弾いてるだけだけど、すごく味があって曲にあってる。自分で作ったりするとこういうの絶対採用できないですよね、相当自信がないと。もっとこねくり回しちゃう。

 英語版のwiki を見たら、エオリアン・ケーデンスが云々て細かく書いてありますね。私も理論疎いので、よくわかんないけど、ジョンが後に「エオリアン・ケーデンス?今のいままでそんなの聞いたことなかったよ、どっかの国の鳥の名前?」って答えてますから、感性のままに作ったんだと思う。いい話だな、って思った。

SPONSORED LINK





だいたいこんな内容


もう二度とごめんだよ。
泣いたり、なぜかって考えたりしたのに
心変わりしたからって言われても。
また、前みたいな調子のいいことをいうんだろうけど、
僕は傷ついたんだよ、もう終わったんだ。
もうごめんだよ。

英語の勉強


It’s through. 「(も僕らの関係は)もう終わりだよ」 


というわけで、「終わった」っていう表現。 through は人が主語でも使う。
I’m through. 食べ終わった時なんかに。(でも、I’m done. の方が普通かも)

ちなみに、だれでも知ってる over は、人の時には使わない。

The game is over.


この歌では、It’s over. でももちろんOK。




SPONSORED LINK

 - いまさらビートルズ, なつかしの音楽鑑賞 , ,

Message

  関連記事