プチ・シニアの明るいひきこもり生活

どんでん返しが2度あっておいしい 「セイフ・ヘイヴン Safe Haven」

      2016/10/23

SPONSORED LINK



 ラッセ・ハルストレム監督作。彼の作品は、「サイダー・ハウス・ルール The Cider House Rules」が大好きだし、「ギルバート・グレイプ What’s Eating Gilbert Grape 」(ディカプリオもすごく上手いので驚いた、まぁ、ファンはすきじゃないかもしれないけど)も「ショコラ Chocolat 」も素敵だ。ヒューマンだけど、それほど安っぽくなくていい。

 だから、彼の映画は機会があればなるべく見るようにしている。

 で、「セイフ・ヘイヴン」。ストーリは、簡単に(ネタバレしないように)まとめると、ある女性が逃亡の末やっと安心できる居場所を見つける、という身も蓋もないほどタイトルそのまま。

 そして、サスペンス仕立て。

 彼のサスペンスというと、前作ヒプノティスト – 催眠 - Hypnotisörenというのをついこの間見たんだけど、そこそこ面白かった記憶があるんだけど、全然内容を覚えていない、つまり、あまり印象に残らなかった(歳のせいでボケてきたってのもあるけど)

 だから、ちょっと見る前はあまり期待していなかった。

SPONSORED LINK



 主演は、ジュリアン・ハフ( Julianne Hough ) 。この人のことを知らなかったんだけど、カントリー歌手らしい。カントリー歌手というと、金髪でボリュームのあるヘアスタイルで、結構ムチムチセクシー路線で、というような偏見を持っていた私はちょっと驚いた。あまりにもカジュアルでイメージが違った。

(ここから、ネタバレあります)

 で、結論からいうと、どんでん返しは面白いんだけど、ハルストレム監督の場合、別にサスペンスにこだわらなくていいんじゃないかな、逆にヒューマンな良さが減っている気がして仕方がない。いや、そこそこ面白いんだけど・・・。

 実は、どんでん返しよりも私が意外だったのは、最後、追いかけてくる夫を「退治する」するシーン。てっきり恋人(名前なんだっけな)と2人で協力してっていうシナリオだろうと思い込んでいたら、恋人はあっさり気絶して、結局彼女一人でやり遂げてしまった。

 そして、最後のどんでん返しは、あの「シックス・センス The Sixth Sense」と同じ仕掛けで、私はうまく騙された。ある意味、それまでの仕立てがホラー仕立てじゃなくてサスペンス仕立てなので余計に「驚き」があった。まぁ、サスペンスで幽霊が出てくるのは反則に近いけれど、この映画の場合は「謎解き」とは関係のない使い方なのでOKだと思う。

 このどんでん返し、「手紙」はむしろラストの感動のために用意されている。「シックス・センス」と同じように私たちは涙を誘われる。ちょっとウエットすぎる気もするけれど、そういうのが好きな人にはたまらないだろう。

 最後の手紙の最後の部分。

The thought of you it gives me hope; hope that Alex remembers what it feels like to be young and in love, hope that josh finds someone to fish with again, hope that Lexie has someone to help her on her wedding day. I hope that one day my family will be whole again. And most of all hope that somehow I’m there with all of you, watching over all of you.

あんたの存在は、私に希望を与えてくれる。アレックスが若くて恋に落ちるということがどういうことか思い出してくれるという希望を。ジョシュがまた一緒に釣りをする人が現れるという希望、レクシーが結婚式に面倒を見てくれる人がいるという希望。私は、またいつの日か私の家族がひとつになれることを願っています。そして、その願いのために、今私はあなた達全員の前にいて、あなた達全員のことを見守っているのです。


 最後に、私が一番好きなセリフはこれです。

Promise me something Katie, you’ll take a lot of pictures and only regret the ones that you didn’t take.
ケイティ、一つ約束して下さい。あなたはこれからたくさん写真を撮るでしょうけど、後悔するのは撮らなかった写真についてだけにしてください。」








SPONSORED LINK

 - 遅れてきた映画鑑賞

Message

  関連記事