プチ・シニアの明るいひきこもり生活

「 名画 」 一覧

愛は時に重いと知る  ジョン・カサヴェテス監督「こわれゆく女」

SPONSORED LINK All of a sudden, I miss everyone… 「本当に突然、人が恋しくなるの。」  重い映画だ。濃縮した時間が2時間半続く。 「愛」がテーマだと映画は重くな …

スターウォーズ・ファンこそ見るべき…かも THX-1138

  2014/10/20    遅れてきた映画鑑賞

 私もさすがにジョージ・ルーカス(George Lucas)のデビュー作だということは知っていたけれど、それ以外は何も知らなかった。たしか、学生の時に撮ったフィルムをリメイクしたものだったと思う。  私はスターウォーズ・ …

セレブになりたくない人必見 ウッディ・アレン監督「セレブリティ」

 予告したように、またウッディ・アレン作品。  この「セレブリティ(Celebrity )」は以前見たことがある。まだ、「セレブ」っていう省略形が普通に使われるようになる前だったと思う。そうじゃなかったら、おそらく配給会 …

「フェア・ゲーム」を見て、民主主義にタダ乗りしている自分を反省した

  2014/10/07    遅れてきた映画鑑賞

Democracy is not a free ride, man. 「みんな、民主主義はタダ乗りするものじゃないんだよ。」  いわゆる事実を元にした映画だ。イラク戦争を始めるための口実として使われた「大量破壊兵器の存在 …

アーティストとしての覚悟が問われるウッディ・アレンの「ブロードウェイと銃弾」

I could love a man if he’s not a real artist… but I couldn’t love an artist if he’s no …

わがままが許されるほど、ギターがうまくなりたい「ギター弾きの恋」

He could only feel pain for his music. Such is the ego of genius. 「彼が痛みを感じるのは自分の音楽に対してだけ。天才のエゴってそういうもの。」  ウッディ …

昔々、ブライアン・デ・パルマという監督が「ボディ・ダブル」という映画を撮ったとさ。

 ブライアン・デ・パルマ監督、懐かしい響だ。昔、盛んにもてはやされた時期があった気がする。最近はとんと名前を聞かないような気がする。実際は私が聞かないだけかもしれないけど。  当時見た記憶のある、と言っても、内容の記憶は …

「愛、アムール」(ミヒャエル・ハネケ監督)という映画

 最初に書いてしまうと、これは素晴らしい映画だった。  これは「老夫婦の愛」についての映画だ。だけど、若い人にも見て欲しいと思う。いくつになっても、形態は変っても、愛の本質的な部分は変わらないと思うからだ。

「ライムライト」60になってもこんな風に若い娘に愛されたい

“When you’re my age,you’ll want to hang on to it. Why?Well, at this stage of the game, life …

頭のかたいオヤジでも時間を忘れて見られる「最近」のおすすめの映画5作

 最初に言い訳を。  自分の中では「最近」なんだけど、映画によっては20年以上経っているので、「タイトルに偽りあり」って言われちゃうかもしれない。ただ、今、この文をよんでいる「あなた」が「オヤジ」ならそういう時間の感覚は …