プチ・シニアの明るいひきこもり生活

A Taste of Honey

      2015/08/25

SPONSORED LINK

鑑賞


 こういう歌はポールの真骨頂で、オリジナルじゃないけれど、これから数多くのポール節とお呼ばれる有名曲を作っていく下地が、こういう曲で培われたんだと思う。

SPONSORED LINK



 Aメロのところで、初めてクリシェ(半音階進行、「ミッシェル」が有名。ジョンも多用してます)が使われている曲。その後のクリシェを多用してヒット曲を量産していく彼らのスタート地点と言っても良いかも。クリシェって言ったらビートルズって言っても過言じゃない、って個人的には思う(「天国への階段」のイントロはが一番有名かも)。



 楽器とかあまりやってなくて「クリシェ」を知らなかった人は、聞き直してみると、「こんなに」って言うくらいありますよ。
 個人的には、この曲はタイトル通り甘すぎるので、あんまり好きではないのだけれど。



だいたいこんな内容


君とのキスの味は、ワインよりずっと甘い蜂蜜の味なんだ。別れたあとも、今も甘い匂いは香ってくるんだ。絶対に、僕は戻ってくるよ、そのはちみつと君のもとへ。

英語の勉強


 I will return の will は、「知ってるよ、『だろう』とか『するつもり』とかだろ?」って思ってる人が多いんだけど、ちょっと違う。Will って「だろう」とか「するつもり」なんて弱い感じじゃなくて日本語にすると「絶対」くらい強くなる。この歌も、「するつもり」じゃぁ、悲痛な感じは伝わらないよね。たぶん内心無理だと思いながら、気持ち的には「絶対」って強めてんだと思う。

「ターミネーター」の” I’LL be back” も同じ、彼の場合疑ってませんから。

Please Please Me
ザ・ビートルズ・ボックス [Box Set, CD+DVD, Original Recording Remastered]【並行輸入】



SPONSORED LINK

 - いまさらビートルズ, なつかしの音楽鑑賞 , ,

Message

  関連記事