プチ・シニアの明るいひきこもり生活

ニューヨークのタクシー・ドライバー

      2015/08/25

SPONSORED LINK

Yellow Cab in Times Square, NYC

 私は「タクシー・ドライバー」という映画が大好きで、オールタイム・ベスト1だと思っている。だから、初めてニューヨックに行った時には、タクシーに乗るのがすごく楽しみだった。

 実際のところは、運ちゃんのほとんどが何処かからの移民で、英語もほとんど喋れなかったり、喋れてもすごい訛りで聞き取るのに四苦八苦したり、あるいは、日々の生活で精一杯みたいな感じの人たちだった。ついぞ「トラヴィス」みたいは「苦悩」を抱えたドライバーとは出会えなかった。当たり前といえば、あたりまえだけど。

 だから、あまり印象的な出来事は経験したことはないけれど、一つだけ小さなエピソードを。

SPONSORED LINK



 ある時乗ったタクシーの運ちゃんは、陽気でひとりでしゃべり続けるようなタイプだった。ひとしきり喋った後、自分の brother はネイビーにいるんだけど、イラクと戦争が起こりそうでちょっと心配してるんだと、ちょっと神妙な顔つきで言ったのだ。

 私は、降りる時、料金を渡しながら「戦争にならないことを祈っているよ」とサンキューの後に付け加えた。彼は、大げさにお礼を言った。

「砂漠の嵐 Operation Desert Storm 」と呼ばれたイラクとの戦争が始まったのは、半年後、年が明けてすぐのことだった。

タクシードライバー [Blu-ray]


 初めて見た時には、ショックでしばらく席をたてなかった記憶があります。文句なく、私の中のライフタイムNO1映画です。ビデオ、レーザーディスク、DVD(2種類)と買ってきて、今度はこれです(まだ、買ってないけど)。私の部屋には、このポスターが常に張ってあります、30年以上。



SPONSORED LINK

 - 消えそうな旅の断片

Message

  関連記事