プチ・シニアの明るいひきこもり生活

最近知った名曲シリーズ ー Nancy Sinatora “These Boots Are Made for Walkin'”

      2015/08/30

SPONSORED LINK



60年代ビデオの番組で偶然見た(NHKの衛星だったかな)。

 ナンシー・シナトラの曲って、あの ”Somethin’ Stupid” しか知らなかった。しかも、それは竹内まりや大瀧詠一のデュエット・バージョンを聞いたのがきっかけだった。ちなみに、あれもはほんとに名曲。以前、タペストリーというユニットでやろうと思っていて果たせなかった。

 で、この” These Boots Are Made For Walkin’” 。ビデオがなかなかイカしている。まぁ、今見ると安っぽいといえば安っぽいかもしれないけど、私はむしろ今なかなか面白いと思った。

SPONSORED LINK



 歌詞も、サビのところの 

“One of these days these boots are gonna walk all over you”


 がなかなかいい。「そのうち、このブーツで踏みつけにしちゃうわよ」って、浮気症の男の人を叱っているわけだけど、ブーツが主語ってところがいいなと私は思う。

 日本の演歌で歌われる”女”とは対極にあるような強い女が歌われている。だいたい演歌だと「泣きすがる」ようなアプローチなわけだけど、この歌の場合はやはり強気。

I just found me a brand new box of matches yeah
「私、新しいマッチ箱を見つけたのよ」


 「新しいマッチ箱」はもちろん「新しい男」のこと。私に「火をつけちゃう」って言うことだと思う。新しい男に走っちゃうよ、っていう脅しなんだと思う。

 ただ、完全に吹っ切れてなくて、まだ未練はあるんじゃないかなぁ。2番の歌詞では、男の悪いところをいくつか具体的に指摘してあげてるし、マッチはまだ火をつけてないわけだし。

” and you keep losin’ when you oughta not bet.
You keep samin’ when you oughta be changing'”
「掛けちゃいけないところに賭けては負け続けているし、
変わんなきゃいけなくなってもちっとも変わらないし」


 いやぁ、まるで私のことを言ってるかのようだ。

 歌詞の全文が知りたい方は、この方のサイトにありました。興味のある方はどうぞ)

http://preciousblog.blog72.fc2.com/blog-entry-42.html


 あと、実は、名曲だけど、ギャグ的要素も踏まえて取り上げてたんだけど、ググってたら、すごくちゃんとこの曲について書いている人がいて頭が下がりました。紹介しておきます。

http://songsf4s.exblog.jp/10559036/

「フルメタル・ジャケット」で使われていたとは!気づかなかった。








SPONSORED LINK

 - なつかしの音楽鑑賞

Message

  関連記事