プチ・シニアの明るいひきこもり生活

Album “With the Beatles”

      2015/08/30

SPONSORED LINK

 ビートルズのセカンド・アルバム。

 個人的に、どうも印象が薄いアルバムだったのは、若い頃、アメリカ版編集の「ミート・ザ・ビートルズ」とか「セカンド・アルバム」の方がずっと馴染みがあったからだろう。特に後者は聞き狂った覚えがある。

 一般的なビートルズのファンが知っていそうな曲は、「オール・マイ・ラヴィング」くらいかな。なんとなく地味なアルバムに見えるのはそのせいかな。

SPONSORED LINK



 前作が、彼らの良さを「ライブ」的に伝えようというコンセプトのアルバムだったのに対し、今作のバラエティに富んだ選曲やアレンジの巧みさは、「俺達はただのロックンロールバンドじゃないよ」っていう宣言をしているアルバムのように感じられる。

 個人的に好きな曲は、
 
02. All I’ve Got to Do
03. All My Loving
06. Till There Was You
10. You Really Got Hold On Me
13. Not a Second Chance
14. Money

あたりかな。

個々曲のコメントは、以下のリンクで。


01. I Won’t Be Long
02. All I’ve Got to Do
03. All My Loving
04. Don’t Bother Me
05. Little Child
06. Till There Was You
07. Please Mr. Postman
08. Roll Over Beethoven
09. Hold Me Tight
10. You Really Got Hold On Me
11. I Wanna Be Your Man
12. Devil in Her Heart
13. Not a Second Chance
14. Money




SPONSORED LINK

 - いまさらビートルズ , ,

Message

  関連記事