プチ・シニアの明るいひきこもり生活

アビゲイル・イバラのサインのあるピックアップ

      2016/08/11

SPONSORED LINK

 かなりマイナーな話題(じゃないのかな?)。

 最近、友人から借りたヴァンザントのピックアップでどうも自分の好きな音が出せないので、ピックアップを変えるっていうのも手かな(ちなみに、無断で(^_^;))と思い、オークションでピックアップをよく見ているんだけど、ちょっと気になるのが「アビゲイル・イバラ女史」のサイン入りピックアップ。たまに、というか最近良く見かける。

 実は、その友人は名前は忘れたけどマスター・ビルダーのストラトを持っていて、これはピックアップが「アビゲイル・イバラ女史」なんだよ、って自慢していたのを思い出した。そのストラトは、たしかにすごくいい音がしていた(気がする)。彼は63年のストラトも持っていたけど、音的に気に入っているのはそのマスター・ビルダー作のだった(気がする)。いや、随分前のことなんで、ちょっと曖昧。

 でも、その記憶があるから、やはりオークションではちょっと気になる。

 でも、彼女のサインが付いていると、同じピックアップでもサイン無しよりぐっと高くなる。やはり、彼女のワインドしたピックアップは「いい」という評判を知っている人が欲しいと思うんだと思う。

 もちろん、私も欲しい。ちょっと高くても欲しい。

 でも、ちょっと気になった。彼女のサインは、”AY”とイニシャルで、別に制作日を表す数字( 1-20-09 とか月−日−年)が多い。

例えば、

CS 69 pup

ん!

これってすごく偽造しやすいんじゃね?

 そう、思ったのは、あるピックアップの数字の日付を見て。

 この数字の書き方って、あんまりアメリカ人はしないよなー、すごい日本人ぽい気がする・・・(上の写真のことではないです、上の写真は書式の例です)。

 例えば、4、5、7とかって日本人とアメリカ人はちょっと書き方が違う(アルファベットも結構違う)。

 で、“abigail ybarra signature” でググッて「画像」を見てみた(あなたは彼女のスペルを知っていましたか?私は初めて知りました)。

 そうしたら、いろいろなサインがあるんだよね、到底同一人物が書いているとは思えないくらい違う字体だったりする。

 うーん。

 で、ちょっと調べたら、どうも彼女自体がワインドしていなくても「監督者( superviser )」としてサインしているケースが有るらしい(ここ)。

 そこのある人によれば、ちゃんと彼女の巻いたやつは、カスタム・ショップのギターに載せてるやつだけで、ボックス(ピックアップ単品)で売ってるのはチームメイドのものに監督者としてサインしたのが、”AY”らしい。

 そういえば、”AY” サインの他に、”Abby” という流暢な(?)筆記体のサインもいくつか見かける。こっちは偽造できないと思うな、日本人には。

Abby pups

 さらに、彼女のサイン(の写真)にはフェイクがいっぱいある、っていってるひとまでいる。

 まぁ、彼女のピックアップがいいっていうのも、もしかしたら”hipe”(そう書き込んでる人もいた)かもしれないけれど、まぁ、私も含めてたいていの人が何らかの”hipe”に踊らされて消費活動してるわけで、そういうのをいきり立って否定もするのも野暮だと思うんだけど、まぁ、私は手を出すのを止めました。

 一番の理由は、無職(無収入)の人間の道楽にしては高いんで(^^ゞ。

 注:あくまでも「個人的な意見」です。あと、特定のオークションのことについて言及しているわけではありません、念のため。


SPONSORED LINK

 - ヘボなミュージシャンの学習帳

Message

  関連記事